神奈川のお茶

日本を代表する茶の名産地では、古来より細分化された地区単位の特性を最大限に
活かしたお茶づくりが盛んにおこなわれてきました。
茶来未では地元「神奈川のお茶」の再建に取り組む中で、県内各産地の魅力がまだ
まだ体現されていないお茶づくりの現状を変えるべく「丹沢大山茶」ブランドの立ち
上げを推進致しました。
神奈川県では様々な市区町村で茶が生産されています。
土地ごとの気候・風土・環境で茶の質は変化し、摂理に基づいた茶の栽培・加工が
実施されることで初めて産地ごとの特色が尊重され、「神奈川のお茶」として多様性
に富んだ魅力を発信していくことに繋がると考えます。
ワインの格付けである「シャトー」に近い考え方で茶園の特性を捉え、生産者として
の観点からも継続的な営農を目指します。


丹沢大山茶とは

ほぼ全域が神奈川県に位置する丹沢山地は「神奈川県の屋根」と形容され、山梨県・
静岡県に接するように広がり、中心部は「丹沢大山国定公園」に、その周辺部は
「県立丹沢大山自然公園」に指定されています。
東端に位置する「大山」(標高1252m)は古くから特に信仰の対象として親しまれたこと
から、総称として「丹沢大山」と表現されることがあります。
丹沢山地は都心部から約50kmとほど近く、原生林やニホンカモシカ・ツキノワグマなど
の大型野生動物、深い渓谷に沿って四季折々に表情を変える、豊かな自然が残る
場所です。
また、農林業や自然災害の抑止を通して地域社会の支えとなり、神奈川県の水源
地域としても重要な役割を果たしています。
この豊かな水源林の水で育ち、適切な茶園管理・独自の製法で生産された神奈川
県産のお茶が「丹沢大山茶」としてブランド認定され、「神奈川のお茶」の魅力を
再発見すると共に、伝統を継承して参ります。